高濃度ナノ水素水「ビガーブライト」

 

シリカ副作用

ミネラルウォーターやサプリメントに含まれている水溶性シリカの安全性については理解できたと思います。


でも、安全だからといって過剰摂取をすると害になるものって多いです。
シリカもその点が心配な方も多いかもしれませんね。


シリカは人間の体内には約1.8g存在しており、一日に10mgから40mg消費されるものです。ですから、1日に10mgから40mg取り入れることがよいことは理解できます。


食物にも含まれていますから、一つ一つどれだけシリカが含まれているか計算したり、加えてサプリメントで摂取する量を計算するなんてなかなか難しいくてできるものではありませんね。


でも、シリカは過剰摂取による健康被害は出ていないのです。

 

これは、シリカの体内動態が明らかになっているからなのです。


体内動態って、聞きなれない言葉と思いますが、これは他のサプリメントなどを選ぶときにも大事なことなので簡単に説明しておきます。


人間の口から入れるものは、食べ物も薬なども[吸収]⇒[分布]⇒[代謝]⇒[排出]という流れに乗ります。

シリカ(ケイ素)の場合、

[吸収]  腸管で吸収され約2時間で血液中の濃度が飽和する。
 
[分布]  血液に乗って全身の細胞に届けられ、細胞の活性化やコラーゲンの生成に使われる
 
[代謝]  役割を終えたシリカ(ケイ素)は肝臓、腎臓へ運ばれる
 
[排出]  尿として体外へ

という体内動態がわかっているのです。


ですから、必要以上に体内に残らない。つまり過剰摂取による副作用がない効果と安全性が明確な成分なのです。


ただ、副作用がないからとシリカを摂るための食べ過ぎや飲み過ぎには気をつけなければなりませんね。

 

⇒ オススメのシリカ水

 

 

 

 


高濃度ナノ水素水「ビガーブライト」公式オンラインショップ 

 


 

お役立ち情報

アロマテラピー入門
引越し業者
部分脱毛(初めての脱毛サロン)
全身脱毛
ブライダルエステ
ビューティ通販

 


<


 
© 2018 シリカ水 rss