霧島天然水【のむシリカ】

シリカ水とは


ミネラルウォーターといわれる水は、カルシウム、鉄、亜鉛など人体に有用なミネラルを含んだ水のことで、水溶性シリカは同じように水に溶け込みます。


このシリカが、長い年月をかけて大地にしみ込んだ雨水が火山岩などの地層を通る間に溶け込み、地下に溜まったミネラルウォーターがシリカ水なのです。


シリカ水と呼ばれる天然ミネラルウォーターは、シリカをはじめとする様々なミネラルを含みそれらは、身体機能をサポートすることから、欧米で注目され、日本でも愛飲者が増えています。


海外のシリカ水は、ニュージーランド、フィジーなどの採水地が有名で、ミネラル分が多く含まれている硬水が多く、味もまろやかさには欠けますが、カルシウム含有量が多いためスポーツをする人やダイエット中の人などには好まれています。


硬水は軟水に比べて胃腸に負担がかかりやすいとされていますので、胃腸の弱い人や子どもやお年寄りが摂る場合は注意が必要となります。


日本では愛飲者が増えたことで、国内の天然水の調査がすすみ、島根県の三瓶山、北海道の白老、宮崎県のえび、鹿児島県霧島など、良質なシリカ水の採水地が見つかりました。

日本で採水できるシリカ水は、軟水と中硬水が多く、味は微妙に異なりますが、体内への吸収性が高く、まろやかで飲みやすいのが特徴です。


吸収、排出も体に負担をかけないので、子供からお年寄りまで飲みやすく安心です。


シリカは場所によって温泉水にも含まれている成分で、飲むだけでなく皮膚からも浸透するとされています。


純粋なシリカ水はほとんどが無色透明で天然水ですが、後からシリカを添加しているものも出てきています。しかし、水溶性のシリカがつかわれていれば問題はないと言えます。

シリカ水の飲み方としては、水の摂り方と同じく、朝起きた時と、夜寝る前に飲むことが生活習慣病の予防となるのでおすすめです。
 

また、加熱すると他のミネラル成分が減少してしまうことは理解の上加熱してください。冷やし過ぎるとお腹を壊す原因にもなるので、できれば常温で飲むようにしましょう。


オススメのシリカ水
 

 

 



高純度水溶性ケイ素濃縮液

 

 

 


 

お役立ち情報

アロマテラピー入門
引越し業者
部分脱毛(初めての脱毛サロン)
全身脱毛
ブライダルエステ
ビューティ通販

 


<


 
© 2018 シリカ水 rss